外国人技能実習制度

  1. 「特定技能1号」と「技能実習」の永住許可について

    2019年4月より新しい在留資格「特定技能」制度が始まり、5年間で最大約35万人の外国人の受入れが見込まれています。これだけ多くの外国人が日本で働き暮らすようになった場合、永住者は急速に増えるのでしょうか。

    続きを読む
  2. 「特定技能」と「外国人技能実習」の違いは?

    4月1日より外国人労働者の受け入れを拡大する新制度「特定技能」 の運用が始まりました。現時点で 、「特定技能1号」 の農業の業種でカンボジア人女性2名が取得しています。彼女たちは「技能実習2号」を良好に修了し、「特定技能1号」に在留資格を変更し許可されました。

    続きを読む
  3. 技能実習制度の仕組み ~技能実習を始めるには?~

    新しい在留資格「特定技能」の運用がはじまりましたが、依然として技能実習生も根強い人気があり、弊所にも監理団体の設立などのお問合せをたくさんいただいております。

    続きを読む
  4. 【介護】技能実習生の日本語能力に関する改正案について

    厚生労働省により、技能実習「介護」の日本語の能力の基準について改正案が明らかにされました。現時点で求められている要件は、以下の通りです。・1年目(入国時)…日本語能力試験の「N3」程度が望ましい水準、「N4」程度が要件。・2年目…「N3」程度が要件。

    続きを読む
  5. 技能実習計画とは?②

    技能実習計画の認定基準について技能実習を行わせようとする者は、技能実習生ごとに技能実習計画を作成し認定を受けることができます。認定基準は以下のとおりです。詳細については、重要と思われるもののみ抜粋しました。

    続きを読む
  6. 技能実習計画とは?①

    技能実習計画の認定について技能実習を行わせようとする者(実習実施者)は、受け入れる技能実習生ごとに技能実習計画を作成し、その技能実習計画が適当である旨の認定を外国人技能実習機構から受けなければなりません。

    続きを読む
  7. 技能実習生の皆さんへ

    技能実習生の皆さんへ・日本に希望をもって来てみたら聞いていた話と違う。・何らかの事情でこのまま実習を続けることが難しい。・もっといい仕事があると聞いたけどどうしよう。

    続きを読む
  8. 外国人労働者の受け入れに関する意識調査

    外国人労働者の受け入れに関する意識調査中小企業・小規模事業者をはじめとした人手不足の深刻化への対応として、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れるため、就労を目的とした新しい在留資格「特定技能」が2019年4月に新設される予定です。

    続きを読む
  9. 「在留資格・介護」、「EPA・介護」、「技能実習・介護」の比較

    「在留資格・介護」、「EPA・介護」、「技能実習・介護」の比較外国人の介護職については、在留資格としての「介護」、「特定活動」EPAとしての介護、「技能実習」としての介護があります。それぞれ制度によって、受け入れ国に制限があったり就労期間にも違いがあります。

    続きを読む
  10. 技能実習「介護」の固有要件について

    技能実習「介護」の固有要件について外国人技能実習生「介護」は、介護サービスの特性に基づく様々な懸念に対応するため、以下の3つの要件に対応する必要があります。①介護が「外国人が担う単純な仕事」というイメージとならないようにすること。

    続きを読む
ページ上部へ戻る