外国人技能実習制度

  1. 建設業から見る外国人雇用

    建設業から見る外国人雇用近年、人手不足に悩む企業様がとても多く見受けられますが、有効求人倍率から見て建設業はもっとも深刻な人手不足と言えます。

    続きを読む
  2. 技能実習生の人数枠について

    技能実習生の人数枠について技能実習の適正な実施および技能実習生の保護の観点から、実習実施者が受け入れる技能実習生の数については上限が定められています。具体的な人数枠については、以下の通りです。

    続きを読む
  3. 実習期間の延長について

    実習期間の延長について昨年、新たに施行された、「技能実習法」では、制度が厳しくなるだけではなく、充実したものもあります。実習期間の延長、受入人数枠の見直しなどがありますが、今回は実習期間の延長について見てみましょう。

    続きを読む
  4. 技能実習生の保護について考えてみませんか?

    技能実習生の保護について考えてみませんか?2017年11月に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)」が施行されました。

    続きを読む
  5. 監理団体と実習実施者

    監理団体と実習実施者外国人の技能実習の適正な実施および技能実習生の保護を図るため、監理団体については「許可制」、実習実施者については「届出制」とし、技能実習計画については個々に「認定制」となりました。

    続きを読む
  6. 技能実習の受け入方式と流れ

    技能実習の受け入方式と流れ技能実習の受け入れ方式について技能実習生の受け入れ機関には、1.「企業単独型」と2.「団体監理型」の二つがあります。

    続きを読む
  7. 外国人技能実習生の割合と技能実習制度について

    外国人技能実習生の割合と技能実習制度について法務省の統計によると、日本に在留する外国人(日本に6か月以上住んでいる外国人)の総数は、2017年末で約256万人と年々増え続け、今後もさらに増えることが予想されています。

    続きを読む
  8. 外国人技能実習制度とは?

    外国人技能実習制度とは?外国人技能実習制度は、「わが国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う『人づくり』に寄与することを目的」としています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る