在留資格申請

  1. 飲食店や小売店で留学生が就職可能に ~その2~

    日本の大学または大学院を卒業・修了した留学生が日本語を用いた円滑な意思疎通を要する業務を含む幅広い業務に従事することを希望する場合は、在留資格「特定活動」による入国・在留が認められることになりました。

    続きを読む
  2. 「ホテル・旅館等」で外国人を雇いたい場合

    訪日外国人旅行者は年々増加しており、2018年には約3,120万人の外国人旅行者が日本を訪れました。ホテル・旅館等ではこれに対応し、さらなる需要獲得のため、外国人材を雇用しようという企業様が多く見られます。

    続きを読む
  3. 飲食店や小売店で留学生が就職可能に

    日本の大学や大学院を卒業又は修了した優秀な外国人留学生が、飲食店や小売業等でのサービス業務や製造業務等で働くことができるようになります。

    続きを読む
  4. ミャンマー人と結婚する時は? ~先にミャンマーで婚姻手続き~

     日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  5. ミャンマー人と結婚する時は? ~先に日本で婚姻手続き~

     日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  6. スリランカ人と結婚する時は? ~先にスリランカで婚姻手続き~

    日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  7. スリランカ人と結婚する時は? ~先に日本で婚姻手続き~

    日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  8. 「特定技能」ビザ ~登録支援機関の届出義務~

    「特定技能」制度では、登録支援機関が入国管理局に対して随時、または定期的に届出が必要な場合があります。 どのような場合にどのような届出が必要か、いつまでに必要かなどを見ていきましょう。

    続きを読む
  9. 【速報!】特定技能の特例措置について

    2019年4月1日に「特定技能」ビザの運用が始まりますが、当面の間、「特定技能1号」に変更予定の一定の外国人の方に対し、登録支援機関の登録手続等の「特定技能1号」への変更準備に必要な期間の在留資格が特例措置として設けられることになりました。

    続きを読む
  10. ベトナム人と結婚する時は? ~先にベトナムで婚姻手続き~

    ベトナム人と結婚する時は? ~先にベトナムで婚姻手続き~日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る