ビザ申請

  1. 「ホテル・旅館等」で外国人を雇いたい場合

    訪日外国人旅行者は年々増加しており、2018年には約3,120万人の外国人旅行者が日本を訪れました。ホテル・旅館等ではこれに対応し、さらなる需要獲得のため、外国人材を雇用しようという企業様が多く見られます。

    続きを読む
  2. 飲食店や小売店で留学生が就職可能に

    日本の大学や大学院を卒業又は修了した優秀な外国人留学生が、飲食店や小売業等でのサービス業務や製造業務等で働くことができるようになります。

    続きを読む
  3. ミャンマー人と結婚する時は? ~先にミャンマーで婚姻手続き~

     日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  4. ミャンマー人と結婚する時は? ~先に日本で婚姻手続き~

     日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  5. スリランカ人と結婚する時は? ~先にスリランカで婚姻手続き~

    日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。それを怠ると、外国人の母国では独身ということになってしまいますので注意が必要です。

    続きを読む
  6. 留学生の業種拡大について

    外国人留学生のうち日本国内で就職を希望する人は約70パーセントに上ります。しかし、平成28年度に日本の大学・大学院を卒業・修了した外国人留学生(2万3,946人)のうち、日本国内に就職した人(8,610人)の割合は約36パーセントとなっています。

    続きを読む
  7. 【速報!】特定技能の特例措置について

    2019年4月1日に「特定技能」ビザの運用が始まりますが、当面の間、「特定技能1号」に変更予定の一定の外国人の方に対し、登録支援機関の登録手続等の「特定技能1号」への変更準備に必要な期間の在留資格が特例措置として設けられることになりました。

    続きを読む
  8. 「特定技能」ビザ ~受入れの流れ~

    在留資格「特定技能」で外国人を受け入れる場合、海外から来日する外国人を受け入れる場合と日本国内に既に滞在している外国人(中長期滞在者)を受け入れる場合では受入れの流れが異なります。それぞれの受け入れの流れを見ていきましょう。

    続きを読む
  9. 「特定技能」ビザ ~在留資格「特定技能」の申請書類~

    「特定技能」で外国人が働くためには、在留資格「特定技能」が必要となります。ここでは、在留資格「特定技能」の申請書類、申請先についてまとめましたのでご参考にして下さい。

    続きを読む
  10. 「特定技能」ビザ ~登録支援機関の登録申請書類~

    新たな在留資格「特定技能」制度では、受入れ機関が外国人を受け入れるための基準の一つとして、「外国人を支援する体制があること」を求めています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る