在留資格申請

  1. 「特定技能」ビザ ~受入れ機関・登録支援機関~

    「特定技能」ビザ ~受入れ機関・登録支援機関~外国人労働者の受け入れ拡大に向け出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律が、平成31年4月1日に施行されます。

    続きを読む
  2. 「在留資格・介護」、「EPA・介護」、「技能実習・介護」の比較

    「在留資格・介護」、「EPA・介護」、「技能実習・介護」の比較外国人の介護職については、在留資格としての「介護」、「特定活動」EPAとしての介護、「技能実習」としての介護があります。それぞれ制度によって、受け入れ国に制限があったり就労期間にも違いがあります。

    続きを読む
  3. 「特定技能」ビザとは?

    「特定技能」ビザとは?中小企業・小規模事業者をはじめとした人手不足の深刻化への対応として、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れるため、就労を目的とした新しい在留資格「特定技能」が2019年4月に新設される予定です。

    続きを読む
  4. 建設業から見る外国人雇用

    建設業から見る外国人雇用近年、人手不足に悩む企業様がとても多く見受けられますが、有効求人倍率から見て建設業はもっとも深刻な人手不足と言えます。

    続きを読む
  5. 「1週について28時間を超える資格外活動許可」

    「1週について28時間を超える資格外活動許可」インターンシップを行う学生で、インターンシップに従事する時間が(長期休業期間以外で)、1週について28時間を超える方は「1週について28時間を超える資格外活動許可」を受ける必要があります。

    続きを読む
  6. フリーランスでビザの取得はできますか?

    フリーランスでビザの取得はできますか?外国人の方が、企業に雇用されずにフリーランスとして働く場合、ビザの取得は可能でしょうか?例えば、通訳者・翻訳者がフリーランスとして働く場合、システムエンジニアがフリーランスとして働く場合、デザイナーがフリーランスとして働く場合など...

    続きを読む
  7. 外国人が転職したらビザの変更は必要?

    外国人が転職したらビザの変更は必要?外国人が転職した場合、現在有しているビザのままで大丈夫でしょうか?転職と言っても、①勤務先が変わり現在有する就労ビザの範囲の仕事ではない場合、②勤務先が変わるが現在有する就労ビザの範囲内の仕事の場合、③勤務先は変わるが職務内容は変わらない場合があると思います...

    続きを読む
  8. 留学生の出席率と留年について

    留学生の出席率と留年について日本に「留学ビザ」で大学などに留学している外国人で、出席率が低かったり、留年してしまった場合、ビザはどうなるのでしょうか?「留学ビザ」の更新時に、出席率や留年が関わってきますのでご心配のある方は確認してみてください。

    続きを読む
  9. 高齢の親を呼び寄せるときは?

    高齢の親を呼び寄せるときは?日本に適法に在留する外国人で、本国に年老いた親がいるため、日本に呼び寄せて一緒に暮らしたと思う方もいらっしゃると思います。「親を呼ぶ」という在留資格のカテゴリーはありませんが、呼び寄せることができないわけではありません。

    続きを読む
  10. 日本人と離婚したらビザはどうなる?

    日本人と離婚したらビザはどうなる?日本人と結婚していた外国人で「日本人の配偶者等」ビザを持っていた人が、その日本人と離婚した場合、ビザはどうなるのでしょうか?「日本人の配偶者等」ビザは、日本人の配偶者であるという地位(立場)に与えられるものなので、日本人と離婚した外国...

    続きを読む
ページ上部へ戻る