在留資格申請

  1. 「特定技能」ビザ ~登録支援機関の届出義務~

    「特定技能」制度では、登録支援機関が入国管理局に対して随時、または定期的に届出が必要な場合があります。 どのような場合にどのような届出が必要か、いつまでに必要かなどを見ていきましょう。

    続きを読む
  2. 【速報!】特定技能の特例措置について

    2019年4月1日に「特定技能」ビザの運用が始まりますが、当面の間、「特定技能1号」に変更予定の一定の外国人の方に対し、登録支援機関の登録手続等の「特定技能1号」への変更準備に必要な期間の在留資格が特例措置として設けられることになりました。

    続きを読む
  3. ベトナム人と結婚する時は? ~先にベトナムで婚姻手続き~

    ベトナム人と結婚する時は? ~先にベトナムで婚姻手続き~日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。

    続きを読む
  4. 外国人雇用における在留資格の主な種類について

    外国人雇用における在留資格の主な種類について在留資格は28種類あり、その中でも一定の業種に限って就労できる在留資格、就労に制限のない在留資格、原則就労不可能な在留資格に大きく分類されます。

    続きを読む
  5. ベトナム人と結婚する時は? ~先に日本で婚姻手続き~

    ベトナム人と結婚する時は?  ~先に日本で婚姻手続き~日本人と外国人が結婚する場合、日本人とは異なる手続きをしなければなりません。国際結婚の場合は、日本での婚姻手続きのほかに、外国人配偶者の母国でも婚姻手続きをすることが必要です。

    続きを読む
  6. 「特定技能」ビザ ~介護業界で外国人を雇用する場合~

    「特定技能」ビザ ~介護業界で外国人を雇用する場合~介護業界において「特定技能第1号」の在留資格で外国人を雇用する場合には、当該外国人が以下の試験等に合格するなどの基準を満たしている必要があります。

    続きを読む
  7. 「特定技能」ビザ ~特定産業分野14業種~

    「特定技能」ビザ ~特定産業分野14業種~2018年12月25日に閣議決定された、「特定技能」の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針の中で、人材を確保することが困難な状況にあるため外国人により不足する人材の確保を図るべき産業上の分野とそれに関する基本的な事項をまとめました。

    続きを読む
  8. 「特定技能」ビザに係る制度の運用に関する基本方針について②

    「特定技能」ビザに係る制度の運用に関する基本方針について②2018年12月25日に閣議決定された、「特定技能」の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針について、その他の重要事項をまとめました。

    続きを読む
  9. 「特定技能」ビザに係る制度の運用に関する基本方針について①

    「特定技能」ビザに係る制度の運用に関する基本方針について①2018年12月25日に閣議決定された、「特定技能」の在留資格に係る制度の運用に関する基本方針について、求められる人材に関する基本的な事項をまとめました。

    続きを読む
  10. 外国人労働者の受け入れに関する意識調査

    外国人労働者の受け入れに関する意識調査中小企業・小規模事業者をはじめとした人手不足の深刻化への対応として、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れるため、就労を目的とした新しい在留資格「特定技能」が2019年4月に新設される予定です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る