特定技能

  1. 「特定技能1号」と「技能実習」の永住許可について

    2019年4月より新しい在留資格「特定技能」制度が始まり、5年間で最大約35万人の外国人の受入れが見込まれています。これだけ多くの外国人が日本で働き暮らすようになった場合、永住者は急速に増えるのでしょうか。

    続きを読む
  2. 「特定技能」と「外国人技能実習」の違いは?

    4月1日より外国人労働者の受け入れを拡大する新制度「特定技能」 の運用が始まりました。現時点で 、「特定技能1号」 の農業の業種でカンボジア人女性2名が取得しています。彼女たちは「技能実習2号」を良好に修了し、「特定技能1号」に在留資格を変更し許可されました。

    続きを読む
  3. 「特定技能」~取得者第1号と登録支援機関登録簿~

    「特定技能」の取得者第1号!4月1日より始まった外国人労働者の受け入れを拡大する新制度「特定技能」で、カンボジア国籍で技能実習生の女性2人が「特定技能1号」への在留資格変更が許可されました。彼女たちが新しい在留資格の第1号の取得者となります。

    続きを読む
  4. 特定技能基準省令について

    本日3月15日、特定技能基準省令公布されました。これにより特定技能雇用契約書の内容の基準や1号特定技能外国人支援計画の内容等の詳細が明らかになりました。

    続きを読む
  5. 「特定技能」~登録支援機関の登録申請書の報酬について~

    来月から始まる在留資格「特定技能」の登録支援機関についてのお問い合わせを連日いただきまして、本当にありがとうございます。中でも、登録支援機関に登録するための申請を弊事務所で代行してくれるのか、またその報酬はいくらかをよくお問合せいただきます。

    続きを読む
  6. 「特定技能」ビザ ~登録支援機関の届出義務~

    「特定技能」制度では、登録支援機関が入国管理局に対して随時、または定期的に届出が必要な場合があります。 どのような場合にどのような届出が必要か、いつまでに必要かなどを見ていきましょう。

    続きを読む
  7. 【速報!】特定技能の特例措置について

    2019年4月1日に「特定技能」ビザの運用が始まりますが、当面の間、「特定技能1号」に変更予定の一定の外国人の方に対し、登録支援機関の登録手続等の「特定技能1号」への変更準備に必要な期間の在留資格が特例措置として設けられることになりました。

    続きを読む
  8. 「特定技能」ビザ ~受入れ機関の届出義務~

    「特定技能」制度では、受入れ機関が入国管理局に対して随時、または定期的に届出が必要な場合があります。どのような場合にどのような届出が必要か、いつまでに必要かなどを見ていきましょう。

    続きを読む
  9. 「特定技能」ビザ ~受入れの流れ~

    在留資格「特定技能」で外国人を受け入れる場合、海外から来日する外国人を受け入れる場合と日本国内に既に滞在している外国人(中長期滞在者)を受け入れる場合では受入れの流れが異なります。それぞれの受け入れの流れを見ていきましょう。

    続きを読む
  10. 「特定技能」ビザ ~在留資格「特定技能」の申請書類~

    「特定技能」で外国人が働くためには、在留資格「特定技能」が必要となります。ここでは、在留資格「特定技能」の申請書類、申請先についてまとめましたのでご参考にして下さい。

    続きを読む
ページ上部へ戻る